外国為替証拠金取引を実際に行って感じたこと

今も個人の取引が活発な外国為替証拠金取引、一般的にはFXと呼ばれるものを、過去に少し行っていました。
私が行っていた理由は、資産を増やすということも確かにあったのですが、それよりも国際経済の勉強のためということもひとつの側面として存在していました。
このFXは相場を見ながら対象となる通貨を買うか、売るかを判断するのですが、その判断材料としては、各国の経済状況をどのように見るのかということがあげられます。
特に変動しやすいのは米国の雇用状況だったり、日本の各経に対する済施策だったりします。
もちろん現在では欧州の各国の財務状況に対する動向で、その相場が大きく変動しているのも、一般的に経済ニュースを見ている方であれば、それを実感することが、とても多くあるはずです。
やはり社会人となって、他社の方とお話しする機会が増えると、こういった経済状況を把握していることで、その方との話のねたが増えることになります。
こういったことは社内内部でもいえるのです。
さらにFXを行っていたころは、外国通貨で製品を購入していたこともあり、特に円相場に対しては大きく注目していました。
つまり円が高くなると、自社の利益が大きくなるからです。
ドルで購入して円で売るのですから、ドルが安いほうが自社にとって利益の幅が結果的に大きくなるのです。
よって提供価格を決めるときには、外国為替の相場を常にチェックして、その最新の相場で上司と話をしていました。
そういうときにFXを行っていた知識が役に立っていたのです。
こういったことが可能になるのも、FXの取引を行っていたときのメリットといえるのです。


さてこういった経済状況を把握しながら、売買の判断を行っていたのですが、やはり平行していろんなシグナルのテストも行っていました。
最近では自動売買の仕組みを作ることができるものが、市販で多く販売されていますが、私はそういった自動売買するのではなく、特定のシグナルを発信する段階で、自分でそのときの経済状況を把握して、それらを総合的に判断して売買を実施していました。
このときに一番大きな注意点としては、自分で決めたルールを厳格に守るということです。
これはFXで利益を獲得していく方法になるのですが、たとえば自分の思惑と違った方向に相場が動いたときに、どのように対処するかを、最初に決めておくのです。
そして違った方向に動いたときは、早急にその対処を行うのです。
これにより損を最小限にして、得するときにはきちんと利益を確保できるのです。
これは最初は自分の欲との戦いのなるのですが、やはりここは冷静にルールを守っているものが、最終的に利益を取れるんだということを、この一連の取引の中から学んだことなのです。
これは一般のビジネスでも同じことが言えるのです。
ひとつ決めたルールを徹底することが、結果的には自分のためや会社のためになることが、とても多く合ったのです。
こういったことは、FXの取引を通じて本来学びたかったこと以上に、自分で理解できたことなので、とても良い経験でした。
このように外国為替証拠金取引を行うということを通じで、経済状況に明るくなったとともに、自分のビジネススキルも高まることができたと、振り返って思うことが多くあるのです。 FXにおける初心者の心構えはこちら。
また、これからFXを始めようと考えている方は、始める前に必要なことがまとめられているサイトhttp://xn--fx-gh4am7z5bb2662eyiuaz93a144f.com/hajimerumaeni.htmlがありますので参考にしてください。
 

IMG-FX